整形外科専門医、脊椎外科指導医が「せぼね」と「ひざ」の病気を中心に診療しています。

ホーム > 病院長あいさつ

病院長あいさつ

病院長:佐藤 哲朗

佐藤哲朗 院長  さきの東日本大震災にあたりましては、皆様に物心両面からのご支援をいただき誠にありがとうございました。おかげさまで、この1月には病院の耐震補強も完了しました。また、昨年12月には地下鉄東西線が開通し、市内からの来院が便利となりました。最寄りの駅は六丁目駅と荒井駅ですので、どうぞご利用下さい。

診療のモットーは「患者さんと共に歩む医療」で、いつも患者さんと共に病態と治療を考えることを心がけています。当院の特徴は、病床数が179床(一般急性期病棟125床、回復期リハ病棟54床)と多く、月〜金曜日まで毎日手術が可能であることから、手術待機期間が短いことです。手術的治療では、特に脊骨と膝の治療に力を入れており、それぞれ約350件、200件と宮城県内でもトップクラスです。

背骨の手術では、昨年から内視鏡手術を大幅に取り入れ、入院期間がさらに短縮しています。また骨粗鬆症による椎体骨折では、椎体形成術を県内で最初に導入し、治りが悪くて困っている方に喜ばれています。さらに膝の手術では、靱帯損傷の再建術、人工関節置換術などにより、社会復帰、日常生活動作改善のお手伝いをしています。

Copyright © 仙台整形外科病院.All Rights Reserved.