整形外科専門医、脊椎外科指導医が「せぼね」と「ひざ」の病気を中心に診療しています。

ホーム > 医師の紹介

医師の紹介

津久井 俊行(名誉院長) TOSHIYUKI TSUKUI

津久井 俊行(名誉院長)  昭和34年、東北大学卒。専門分野は股関節外科(専門医認定)で、公認スポーツドクターでもあります。公立気仙沼病院、国立鳴子病院、東北大学病院、国立療養所西多賀病院に勤務した後、昭和61年12月当院を設立し、院長、理事長として病院の基礎固めを行いました。平成14年7月からは名誉院長として診療にあたっております。趣味はスキー、水泳、外国語会話です。

佐藤 哲朗(院長) TETSURO SATO

佐藤 哲朗(院長)  昭和48年、東北大学卒。平成14年7月、津久井理事長との縁で、東北大学整形外科の助教授から当院の院長に就任しております。卒後約30年間、整形外科の中でも脊椎・脊髄外科を主体に、西多賀病院、東北労災病院、東北大学病院で診療してまいりました。これからも、患者さんに安全で納得できる医療を提供することに邁進したいと思っております。

兵藤 弘訓(副院長) HIRONORI HYODO

兵藤 弘訓(副院長)  昭和62年、岩手医大学卒。いわき市立総合磐城共立病院での研修を経て平成元年から3年間東北労災病院で佐藤哲朗院長の下で脊椎疾患の基礎をたたき込まれました。その後、東北大学ではさまざまな人間関係を垣間見、一関病院では一般整形外科・古川市立病院では主に外傷を経験し、平成10年から当院に勤務しています。

中川 智刀(副院長・脊椎脊髄内視鏡手術センター長) TOMOWAKI NAKAGAWA

中川 智刀(整形外科部長)  平成7年 東北大学卒。腰痛、腰部脊柱管狭窄症、頚髄症など脊椎疾患を専門にしています。現在は、患者さんの負担をより少なくするために、脊椎内視鏡手術を積極的に行っており、より正確な診断と治療を心がけています。患者さんに寄り添い、ともに病気に立ち向かえる医師を理想として頑張っていきます。 どうぞよろしくお願いいたします。

橋 永次(副院長) EIJI TAKAHASHI

橋 永次(整形外科部長)  平成9年弘前大学卒。盛岡赤十字病院、西多賀病院など、脊椎外科中心の病院で勤務し、平成22年4月に当院に勤務しております。
 現在、脊椎疾患を中心に診療を行っています。安全で、患者さんの満足される医療の提供を心掛けています。
 どうぞよろしくお願いいたします。

柏葉 光宏(整形外科部長) MITSUHIRO KASHIWABA

柏葉 光宏(整形外科部長)  平成10年 弘前大学卒。仙台市立病院で外傷の研修をし、当院で膝の研修を行いました。その後、東北大学病院で6年間膝グループを担当し、5年間はチーフとして変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板・軟骨損傷の治療を行ってきました。 膝に痛みを抱えている方が日常生活でなるべく困らないように、また膝にケガをしてしまった方がスポーツ活動に復帰できるように、診療していきたいと思っております。 趣味は野球、競技スキー、トライアスロンです。 よろしくお願いいたします。

 

徳永 雅子(整形外科部長) MASAKO TOKUNAGA

徳永 雅子(整形外科部長)  平成14年 東北大卒。東北大学で研修した後、当院に勤務し平成22年から3年間当院で一般整形外科、脊椎疾患を担当いたしました。平成25年から仙台市立病院に勤務し、平成27年4月から再々度当院に勤務させていただくことになりました。一般整形外科や脊椎圧迫骨折、脊椎疾患を中心に診療を行っています。患者さんと共に歩む整形外科医療を目指し、安全と安心を提供できるように努力していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

伊東 健太郎(整形外科医師) KENTARO ITO

伊東 健太郎(整形外科医師)  平成21年 東北大卒。平鹿総合病院で研修、仙台市立病院、東北大学病院、気仙沼市立病院に勤務し、平成28年4月から当院に勤務しております。膝関節疾患を中心に診療を行っています。どうぞよろしくお願いいたします。

入江 紀一(非常勤整形外科医師) NORIKAZU IRIE

入江 紀一(非常勤整形外科医師)  昭和42年、東北大学卒。整形外科学とリハビリテーション医学を学びました。現在は、膝関節疾患、特に変形性膝関節症の治療に力を入れています。手術的治療では最近、膝関節全置換術をする症例も増えていますが、脛骨高位骨切り術275例の経験では本法が有効な症例も多いので、こちらの治療も続けたいと思っています。趣味は弓道、夢中です。

西平 竹志(非常勤整形外科医師) TAKESHI NISHIHIRA

準備中 昭和53年 東北大学卒。いわき共立病院、国立療養所西多賀病院、琉球大学附属病院、米沢市立病院、国立仙台病院、JR仙台病院と勤務し、平成25年9月より当院で外来を担当しております。脊椎疾患を中心に診療に当たってきました。これまでの経験を活かし、適切な治療、外科的治療の相談など心がけています。

高橋 良正(非常勤整形外科医師) YOSHIMASA TAKAHASHI

高橋 良正(整形外科部長)  平成7年、産業医科大学卒。平成7年に東北労災病院勤務の後、西日本の病院を5か所ほど異動し、平成20年4月から当院に勤務しております。
 趣味はゴルフ、釣りなどです。好きなスポーツは野球、ハンドボールで、学生時代はハンドボール部に所属しておりました。
 今後ともよろしくお願いします。

佐々木 祐肇(非常勤整形外科医師) HIROTOSHI SASAKI

佐々木 祐肇(整形外科部長)  平成5年、北里大学卒。卒後2年間は麻酔科を研修し、平成7年、東北大整形外科に入局しました。当院には平成11年から勤務しています。現在は、主に脊椎疾患を中心に診療にあたっています。疾患を十分に理解していただけるよう説明をしっかり行うこと、患者さんの気持ちを理解することに、日々努めております。

白鳥 隆明(中央手術部長) TAKAAKI SHIRATORI

白鳥 隆明(中央手術部長)  平成20年4月1日付で仙台赤十字病院から着任しました。院内で坊主頭を見かけたら私なので気軽に声を掛けてください。現在仙台市西部の国見地区に家族3人で愛犬一匹と住んでいます。
 これまで、仙台社会保険病院で主に腎機能障害の麻酔とそして仙台赤十字病院では小児麻酔を担当してきました。安全な麻酔管理に努力して参りたいと存じますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

遠藤 純子(麻酔科部長) JUNKO ENDO

遠藤 純子(麻酔科部長)  私たち麻酔科医は、手術がスムーズにかつ安全に進められるように周術期の患者さんの全身管理にあたっています。患者さんひとりひとりに合った麻酔法を考慮して、できるだけ快適で質の高い麻酔を提供できるよう努めております。

石川 忠夫(非常勤内科医) TADAO ISHIKAWA

石川 忠夫(非常勤内科医)  青葉区八幡2丁目で石川内科を開業しております。平成28年7月より週一回の内科医として勤務させていただいております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

佐藤 洋一(非常勤内科医) YOICHI SATO

佐藤 洋一(非常勤内科医)  週に1回(午前中)内科を担当しております。(主に心臓超音波検査、頚動脈エコー検査)
 手術が安全に行われるよう、少しでも貢献できればと思っております。
 趣味は海釣り、ベガルタ仙台応援などです。どうぞよろしくお願いします。

Copyright © 仙台整形外科病院.All Rights Reserved.