整形外科専門医、脊椎外科指導医が「せぼね」と「ひざ」の病気を中心に診療しています。

ホーム > Medical News > 医師の講演活動、論文の記録

医師の講演活動、論文の記録(2002~)

論文など

徳永雅子, 兵藤弘訓, 佐藤哲朗ほか:入院を必要とした新規骨粗鬆症性椎体骨折における破裂骨折の発生頻度.Journal of Spine Research.8:1167-1171,2017

Lumbosacral Transitional Vertebrae Cause Spinal Level Misconception in Surgeries for Degenerative Lumbar Spine Disorders Tomowaki Nakagawa, Ko Hashimoto,, Takumi Tsubakino, Takeshi Hoshikawa, Takashi Inawashiro and Yasuhisa Tanaka Tohoku J. Exp. Med. 242: 223-228, 2017

MRIで前十字靭帯損傷と見誤った1例
伊東健太郎、柏葉光宏、國井知典、佐藤哲朗 東北膝関節研究会会誌 26: 9-11, 2017

Symptomatic epidural haematoma after cervical laminoplasty: a report of three cases.
 Takahashi Y, Sato T, Hyodo H, Kawamata T, Takahashi E: J Orthopaedic Surg: 121-4, 2016

重度の原発性骨粗鬆症性胸腰椎破裂骨折に対して十分な保存療法後に行ったBalloon Kyphoplastyの治療成績
 兵藤弘訓、佐藤哲朗、徳永雅子、髙橋永次、中川智刀、柏葉光宏、國井知典、髙橋良正: 臨床整形外科51:557-565, 2016

腰椎手術における術中硬膜損傷 -危険因子と解剖学的損傷部位-
 高橋良正:整形外科 66巻第2号:169‐171, 2015

腰椎変性すべり症による脊柱管狭窄に対する顕微鏡下片側進入両側除圧術と開窓術の比較検討
 高橋永次、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、川又 朋麿、高橋 良正、宮武 尚央、徳永雅子:東北整災誌 57:5-10, 2014

下肢のしびれと麻痺ー胸部脊髄症との30年ー
佐藤哲朗:仙台市医師会報 vol 584,10-13,2013

当科から紹介に至った神経内科的疾患患者の検討
高橋 良正、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、川又 朋麿、高橋 永次、宮武尚央、徳永 雅子: 東北整災誌 56: 19-23, 2013

骨粗鬆症性椎体骨折におけるKinematic CTの有用性
徳永雅子、兵藤弘訓、高橋 良正、高橋 永次、那波康隆、川又 朋麿、鈴木一史、佐藤哲朗: J Spine Res 4: 1006-1010, 2013

長寿社会におけるロコモティブシンドローム
佐藤哲朗、杉田健彦、佐々木信之: 新薬と診療 62: 1228-1237, 2013

"Incidental durotomy during lumbar spine surgery: risk factors and anatomic locations clinical article "
 Takahashi Y, Sato T, Hyodo H, Kawamata T, Takahashi E, Miyatake N, Tokunaga M: J Neurosurg: Spine 18: 165-169, 2013.

"Incidental Durotomy during Lumbar Spine Surgery: Risk Factors and Anatomic Locations.
 Yoshimasa Takahashi et al. : J Neurosurg Spine, Published online on November 30, 2012.

職場における腰痛対策(学術部勉強会)
佐藤哲朗:仙台市医師会報 vol 580,8-10,2012

骨粗鬆症と腰痛ー高齢者を悩ます腰痛ー(第466回市民医学講座)
佐藤哲朗:仙台市医師会報 vol 573,10-12,2012

頚部神経根症に対する後方椎間孔拡大術ー直視下手術とTubular retractorを用いた顕微鏡視下手術の比較検討
高橋 良正、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、川又 朋麿、高橋 永次、徳永 雅子: 整・災外 55: 1261-1265, 2012

半月板骨化症の1例
宮武尚央, 川又朋麿, 徳永茂行, 高橋良正, 兵藤弘訓, 佐藤哲朗, 柏葉光宏. 東北膝関節研究会会誌:20,45-48,2010.

オールポリエチレン脛骨コンポーネントを使用した人工膝関節単顆置換術の短期成績
宮武尚央, 川又朋麿, 高橋良正, 徳永茂行, 兵藤弘訓, 佐藤哲朗, 柏葉光宏, 高橋敦, 大沼正宏. 日本人工関節学会誌:40,676-677,2010

椎間孔内ヘルニアを伴う腰部脊柱管狭窄症の1例~顕微鏡視下片側進入両側除圧術を応用して~
高橋 良正、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、川又 朋麿、宮武 尚央、徳永 茂行: 整・災外 53: 1657-1661, 2010

バイオフィルム産生黄色ブドウ球菌によるインプラント関連感染のクラリスロマイシン併用化学療法
藤村 茂、佐藤 哲朗: 整・災外 53: 987-992, 2010

Anterior decompression and fusion versus laminoplasty for cervical myelopathy caused by soft disc herniation: a prospective multicenter study.
Koakutsu T, Morozumi N, Ishi Y, Kasama F, Sato T, Tanaka Y, Kokubun S, Yamazaki S: J Orthop Sci 15: 71-78, 2010.

Efficacy of clarithromycin plus cefazolin or vancomycin in mice with implant-related infection caused by biofilm-forming Staphulococcus aureus.
Fujimura S, Sato T, Mikami T, kikuchi T, Zaini K, Gomi K, Watanabe A: J Orthop Sci 14: 658-661, 2009.

Facet cyct haematoma in the lumbar spine : a report of four cases.
Miyatake N, Aizawa T, Hyodo H, Sasaki H, Kusakabe T, Sato T: J Orthopaedic Surgery 17: 80-84, 2009

「腰痛症を見直す」
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗:第19回腰痛シンポジウム講演記録集: 167-178, 2009

「胸部脊髄症の現況」
佐藤 哲朗、相澤 俊峰:脊椎脊髄ジャーナル 22: 136-142, 2009

腰部脊柱管狭窄症
佐藤 哲朗:仙台市医師会報530: 7-10, 2008

Combined efficacy of clarithromycin plus cefazolin or vancomycin against Staphulococcus aureus biofilms formed on titanium medical devices.
Fujimura S, Sato T, Mikami T, Kikuchi T, Gomi K, Watanabe A: International J Antimicrobial Agents 32: 481-484, 2008

腰部脊柱管狭窄症について
 佐藤 哲朗:宮城県予防医学協会2008 ふれあい 医学最前線 Vol 84, 2008

Sagittal alignment changes after thoracic laminectomy in adults.
Aizawa T, Sato T, Ozawa H, Morozumi N, Matsumoto F, Sasaki H, Hoshikawa T, Kawahara C, Kokubun S, Itoi E: J Neurosurg Spine 8: 510-516, 2008

Results of surgical treatment for thoracic myelopathy: minimum 2-year follow-up study in 132 patients
Aizawa T, Sato T, Sasaki H, Matsumoto F, Morozumi N, Kusakabe T, Itoi E, Kokubun S: J Neurosurg Spine 7: 13-20, 2007

胸椎椎間板ヘルニアに対する後方からの摘出術
佐藤 哲朗:脊椎脊髄 20, 825-833, 2007

胸椎黄色靭帯骨化に対する骨化摘出術
佐藤 哲朗:脊椎脊髄 20, 825-833, 2007

医療費からみた内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術の評価
相澤 俊峰、佐々木 祐肇、佐藤 哲朗:整形外科58:217-219、2007

頸椎後縦靱帯骨化症のMRI診断。
松本 不二夫、田中 靖久、佐藤 哲朗:図解よくわかる整形外科MRI診断実践マニュアル。伊藤博元編、p23-28、全日本出版会、2007

Thoracic myelopathy caused by ossification of the ligamentum flavum: clinical features and surgical results in the Japanese population.
Aizawa T, Sato T, Sasaki H, Kusakabe T, Morozumi N, Kokubun S: J Neurosurg Spine 5: 514-519, 2006.

Facet cyst in the lumbar spine: Radiological and histopathological findings and possible pathogenesis.
Kusakabe T, Kasama F, Aizawa T, Sato T, Kokubun S: J Neurosurg Spine 5: 398-403, 2006

Cervical Roots as origin of pain in the neck or scapular regions.
Tanaka Y, Kokubun S, Sato T, Ozawa H: Spine 31: E568-573, 2006.

Lumbar discal cyst followed by intervertebral disc herniation. Masako Tokunaga, Aizawa T, Hyodo H, Sasaki H, Tanaka Y, Sato T: MRI findings of two cases. J Orthop Sci 11: 81-84, 2006

Surgery for ossification of the ligamentum flavum.
Tanaka Y, Sato T and Aizawa T: OPLL 2nd (Yonenobu K, Nakamura K and Toyama Y) P265-269, Springer Tokyo, 2006

用語解説、診断基準編、黄色靱帯骨化の分類
佐藤 哲朗:脊椎脊髄19:886,2006

椎間板性腰痛の診断と治療
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗、佐々木 祐肇、宮武 尚央:MB Orthop 18: 69-76, 2005.

Discogenic pain in acute nonspecific low-back pain.
Hydo H, Sato T, Sasaki H and Tanaka Y: J Eur Spine 14: 673-577, 2005

Signal intensity changes on MRI during the healing process of spinal Langerhans cell granulomatosis. Reports of two cases.
Aizawa T, Sato T, Tanaka Y and Kokubun S: J Spinal Disord Tech 18, 98-101, 2005

Gorham Disease of the spine: A case report and treatment strategies for this enigmatic bone disease.
Aizawa T, Sato T and Kokubun S: Tohoku J exp Med 205, 187-190, 2005

Gorham Disease of the spine: A case report and treatment strategies for this enigmatic bone disease.
Aizawa T, Sato T and Kokubun S: Tohoku J exp Med 205, 187-190, 2005

腰痛症ーまずは診断からー
佐藤 哲朗:ペインクリニック25:1081-1089 2004

当院における頚椎捻挫の治療状況と治癒遷延例の検討
佐々木 信之、佐藤 哲朗、佐々木 祐肇:医研レポート、農協共済総合研究所、No45、p2-4、2004

椎間関節嚢腫、ガングリオン
佐藤 哲朗:今日の整形外科治療指針、第5版(二ノ宮節夫、富士川恭輔、越智隆弘、国分正一、岩谷力編)、pp684、医学書院、東京、2004.

胸椎黄色靭帯骨化症
佐藤 哲朗:今日の整形外科治療指針、第5版(二ノ宮節夫、富士川恭輔、越智隆弘、国分正一、岩谷力編)、pp617、医学書院、東京、2004.

胸部脊髄症のとらえ方
佐藤 哲朗:今日の整形外科治療指針、第5版(二ノ宮節夫、富士川恭輔、越智隆弘、国分正一、岩谷力編)、pp611、医学書院、東京、2004.

いわゆる「ぎっくり腰」における椎間板の関与
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗、佐々木 祐肇:臨整外 39: 527-533, 2004

脊椎のスポーツ外傷と障害 ーとくに腰椎のスポーツ障害についてー
佐藤 哲朗:仙台市医師会報469: 62-63, 2003

脊髄腫瘍 -片側椎弓切除でどこまで摘出可能か
小澤 浩司、田中 靖久、国分 正一、佐藤 哲朗、石井 祐信、笠間 史夫: 整・災外 46: 683-688, 2003

特発性脊髄ヘルニア
相澤 俊峰、佐藤 哲朗、田中 靖久、国分 正一: 整・災外 46: 533-536, 2003

胸髄症における各種脊柱変性因子とそれぞれの手術法
佐藤 哲朗:整・災外 46: 523-531 2003

後方進入による脊柱短縮術とその応用
国分 正一、田中 靖久、星川 健一、佐藤 哲朗、山崎 伸、石橋 賢太郎: 整・災外 46: 447-455, 2003

手術頻度からみた脊椎・脊髄疾患の変遷 ー14年間の手術登録からー
田中 靖久、国分正一、佐藤 哲朗、石井 祐信: 整・災外 46: 391-398, 2003

頚椎前方固定術 -頚椎変性疾患ないし限局型OPLLについて-
佐藤 哲朗:脊椎脊髄15: 1206-1208, 2002

高齢者腰椎椎間板ヘルニアのMR像
佐藤 哲朗、佐々木祐肇、兵藤弘訓、大塚耕司:日本腰痛会誌9: 28-33, 2003.

腰椎変性すべり症に対する非固定開窓術が術後長期経過において下肢症状に及ぼす影響
佐藤 哲朗、石井 祐信、山崎 伸、笠間 史夫、田中 靖久、国分 正一: 脊椎・脊髄神経手術手技5:39-42, 2003.

保存療法を行った腰椎椎間関節嚢腫
日下部 隆、笠間 史夫、佐藤 克巳、佐藤 哲朗: 整・災外46: 259-265, 2003

Successful treatment for rhabdmyosarcoma by total spondylectomy in a child.
Saito T, Aizawa T, Kashimoto K, Sato T, Tanaka Y, Kokubun S: Tohoku J Exp Med 198: 251-258, 2003.

Intramedullary plasma cell granuloma in the cervicothoracic spine. Case report
Aizawa T, Sato T, Tanaka Y, Kishimoto K, Watanabe M, Kokubun S: J Neurosurg (Spine 2) 97: 235-238, 2002

胸部脊髄症の神経学的高位診断。
後藤 伸一、佐藤 哲朗、山崎 伸、石井 祐信、笠間 史夫:臨整外 37: 495-498, 2002

胸椎椎間板ヘルニアと脊椎症の単純X線像とMR像からみた鑑別法。
後藤 伸一、山崎 伸、石井 祐信、佐藤 哲朗:臨整外 37: 225-230, 2002

いわゆる「ぎっくり腰」は椎間板性疼痛か?
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗、佐々木 祐肇:日本腰痛会誌 8: 106-114, 2002


発表など

骨粗鬆症性椎体骨折に対する入院保存療法介入時期の違いによる治療成績について
徳永雅子、兵藤弘訓、中川智刀、髙橋永次、高橋良正、佐藤哲朗:.第25回日本腰痛学会 2017.11.3-4 (東京)

脊髄像影検査後に発症した腰椎硬膜内くも膜嚢腫の一例 徳永雅子,兵藤弘訓,佐藤哲朗
第66回東日本整形災害外科学会 2017.9.14-15 (東京)

感染防止対策チームの活動報告—感染防止対策地域加算2を継続するためにー
門脇りえこ:第19回医療マネジメント学会学術総会 2017.7.7-8 (仙台)

可及的早期に手術治療を行った脱臼膝の4例—走れる膝を目指してー
柏葉光宏、伊東健太郎、國井知典:第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017.6.22ー24 (札幌)

前十字靭帯再建術後における術後炎症性マーカーの標準値
伊東健太郎、柏葉光宏、國井知典:第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017.6.22ー24 (札幌)

ACL損傷膝における前外側構成体損傷頻度 3D-MRIを用いて
國井知典、柏葉光宏、伊東健太郎、猪川訓志:第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
2017.6.22ー24 (札幌)

Tight Rope (Arthrex社)を用いて膝側副靭帯修復の補助補強を行った3例
柏葉光宏、伊東健太郎、國井知典、佐藤哲朗:第114回東北整形災害外科学会
2017.6.9ー10 (新潟)

骨端線閉鎖後脛骨顆間隆起骨折の手術方法の検討
伊東健太郎、柏葉光宏、國井知典、佐藤哲朗:第114回東北整形災害外科学会
2017.6.9ー10 (新潟)

Lumbosacral Transpositional vertebrae misleads into a recognition of the wrong number of lumbar vertebra
Tomowaki Nakagawa, Yasuhisa Tanaka, Tetsuro Sato: 18th EFFORT 2017.5.27-6.2 (Wien)

内視鏡下椎弓切除術(MEL)における術後ドレーン圧と硬膜外血腫の関係(前向き研究)
中川智刀、徳永雅子、高橋永次、兵藤弘訓、佐藤哲朗:第90回日本整形外科学会学術総会
2017.5.18-21 (仙台)

腰椎内視鏡下椎弓切除術における術後炎症性マーカーの推移
高橋永次、徳永雅子、中川智刀、兵藤弘訓、佐藤哲朗:第90回日本整形外科学会学術総会 2017.5.18-21 (仙台)

骨粗鬆症性椎体骨折における動態CTの有用性
徳永雅子、兵藤弘訓、中川智刀、髙橋永次、柏葉光宏、伊東健太郎、高橋良正、佐藤哲朗
第90回日本整形外科学会学術総会 2017.5.18-21 (仙台)

内視鏡下椎間板ヘルニア切除術(MED)における、術後ドレーン圧の違いと硬膜外血腫形成との関係(前向き研究)
中川智刀、徳永雅子、高橋永次、兵藤弘訓、佐藤哲朗:第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会
2017.4.13-15 (札幌)

内視鏡下椎弓切除術(MEL)における、術後ドレーン圧の違いによる硬膜外血腫形成と疼痛発言との関係(前向き研究)
中川智刀、徳永雅子、高橋永次、兵藤弘訓、佐藤哲朗:第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会
2017.4.13-15 (札幌)

腰椎内視鏡下椎弓切除術における術後炎症性マーカーの推移
高橋永次、徳永雅子、中川智刀、兵藤弘訓、佐藤哲朗:第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会
2017.4.13-15 (札幌)

骨粗鬆症性椎体骨折の後壁損傷の程度に応じた保存療法
徳永雅子、兵藤弘訓、中川智刀、髙橋永次、高橋良正、佐藤哲朗
第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.4.13-15 (札幌)

入院を必要とした新規骨粗鬆症性椎体骨折における破裂骨折の発生頻度
徳永雅子、兵藤弘訓、中川智刀、髙橋永次、高橋良正、佐藤哲朗
第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.4.13-15 (札幌)

当院における腰椎脊椎内視鏡下手術  中川智刀:第13回腰椎フォーラム 2017.4.8 (仙台)

膝の脱臼・複合靱帯損傷の治療  柏葉光宏:東北大学整形外科談論会 2017.3.11 (仙台)

当科におけるMED(内視鏡下ヘルニア摘出術)の治療成績 (Love法との比較)
中川智刀、徳永雅子、高橋永次、兵藤弘訓、佐藤哲朗: 第27回東北脊椎外科研究会
2017.1.28 (仙台)

多椎間腰部脊柱管狭窄症に対する片側進入両側除圧術の短期成績 —内視鏡下および顕微鏡下の比較- 高橋永次、徳永雅子、中川智刀、兵藤弘訓、佐藤哲朗
第27回東北脊椎外科研究会 2017.1.28 (仙台)

脊髄像影検査後に発症した腰椎部硬膜内髄膜嚢腫の一例
徳永雅子,兵藤弘訓,中川智刀,髙橋永次,佐藤哲朗 第27回東北脊椎外科研究会
2017.1.28 (仙台)

関節屈曲角度におけるanteriolateral ligament 抽出能
坂本佳子、猪川訓志、小山裕樹:第6回東北放射線医療技術学術大会 2016.10.22-23

入院を必要とした新規骨粗鬆症性椎体骨折における破裂骨折の発生頻度
徳永雅子、兵藤 弘訓、中川智刀、高橋永次、佐藤 哲朗、髙橋良正:第24回日本腰痛学会 2016.9.2 (甲府)

MRIでACL損傷と誤診した1例
伊東健太郎、國井知典、柏葉光宏、佐藤哲朗:第39回 東北膝関節研究会 2016.7.2 (仙台)

Lumbosacral transitional vertebrae after the diagnosis and surgical plan in diagnosis lumbar spinal diseases
Tomowaki Nakagawa, Yasuhisa Tanaka, Tetsuro Sato :17th EFFORT
2016.6.1-3 (Geneve)

骨粗鬆症性椎体骨折の後壁損傷の程度に応じた保存療法
徳永雅子、兵藤 弘訓、中川智刀、高橋永次、佐藤 哲朗、髙橋良正:第45回日本脊椎脊髄病学会 2016.4.14-16 (千葉)

Without instrumentation 脊椎手術における深部SSIの前向き研究(第2報)
高橋永次、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、中川智刀、柏葉光宏、徳永雅子、國井知典:第45回日本脊椎脊髄病学会 2016.4.14-16 (千葉)

Without instrumentation 脊椎手術における術後炎症性マーカーの標準値
高橋永次、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、中川智刀、柏葉光宏、徳永雅子、國井知典:第45回日本脊椎脊髄病学会 2016.4.14-16 (千葉)

MRIでAnterolateral ligamentは抽出されるのか?
國井 知典、柏葉 光宏、川又 朋麿、猪川 訓志:第38回東北膝関節研究会 2015.7.11(仙台)

膝OAを有する非定型大腿骨骨折の治療一期的に骨接合術とTKAを行った一例
國井 知典:第45回日本人工関節学会 2015.2.27-28(福岡)

腰椎椎間関節嚢腫術後再発例の検討
高橋 永次、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、川又 朋麿、高橋 良正、國井 知典、大野木 孝嘉:第25回東北脊椎外科研究会 2015.1.31(仙台)

医療安全管理委員会の活動状況
平成26年度JCOA研修会(病院部会主催) 2015.2.22(東京)

頚部神経根症に対するtubular retractor を用いた顕微鏡下椎間孔拡大術 =頸椎手術においてtubular retractor は有益か=
高橋 良正、佐藤哲朗、兵藤 弘訓、川又 朋麿、高橋永次、鈴木一史、那波康隆 第43回日本脊椎脊髄病学会 2014.4.17 (京都)

棘突起縦割式頸椎椎弓形成術後に再手術を要した術後血腫の3例
高橋 良正、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、高橋永次、那波康隆:第24回東北脊椎外科研究会 2014.1.24(仙台)

Without instrumentation脊椎手術における術後炎症性マーカーの標準値 =主要4術式の比較=
高橋永次、兵藤 弘訓、川又 朋麿、高橋 良正、鈴木一史、那波康隆、佐藤 哲朗:第24回東北脊椎外科研究会 2014.1.24(仙台)

後壁損傷を伴う骨粗鬆症性椎体骨折に対するBalloon kyphoplastyの経験
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗、高橋 良正、高橋永次、那波康隆、徳永雅子:第21回日本腰痛学会 2013.11.2(東京)

Normal range of early postoperative inflammatory makers after spine surgery without instrumentation
Takahashi E, Hyodo H, Kawamata T, Takahashi Y, Suzuki K, Naba Y, Sato T  APOA, Spine and Pediatric session. 2013 Aug , Kuchin

Without instrumentation脊椎手術における術後炎症性マーカーの標準値
高橋永次、兵藤 弘訓、川又 朋麿、高橋 良正、徳永雅子、鈴木一史、那波康隆、佐藤 哲朗:第23回東北脊椎外科研究会 2013.1.26(福島)

腰椎椎間板のう腫のMRIにおける経時的変化ーヘルニアから嚢腫そしてその後ー
那波康隆、兵藤 弘訓、高橋 良正、高橋永次、徳永雅子、川又 朋麿、鈴木一史、佐藤 哲朗:第23回東北脊椎外科研究会 2013.1.26(福島)

骨粗鬆症性椎体骨折におけるMRI所見と椎体不安定性の関係
高橋 良正、兵藤 弘訓、川又 朋麿、高橋永次、徳永雅子、鈴木一史、那波康隆、佐藤 哲朗:第23回東北脊椎外科研究会 2013.1.26(福島)

骨粗鬆症性破裂骨折に対するBalloon kyphoplastyの経験
兵藤 弘訓、徳永雅子、高橋 良正、高橋永次、那波康隆、川又 朋麿、鈴木一史、佐藤 哲朗:第23回東北脊椎外科研究会 2013.1.26(福島)

骨粗鬆症性椎体骨折におけるDynamic CTの有用性
徳永雅子、兵藤弘訓、佐藤哲朗、高橋良正、高橋永次、川又朋麿、宮武尚央、津久井俊行:第20回日本腰痛学会 2012.11.3(神戸)

Evaluation of Azithromycin High-Dose therapy for implant-related infection with biofilm-formed staphylococcus aureus. Fujimura S, Sato T:  Spine across the sea 2012 July 30, Hawaii (Kauai)

Significance of dynamic CT for osteoporotic vertebral fracture. Tokunaga M, Hyodo H, Kawamata T, Takahashi Y, Takahashi E, Suzuki K, Naba Y, Sato T: The 22nd Japanese-Korean combined orthopaedic symposium 2012.7.8 (Nikko)

2011年膝関節手術症例調査と大震災の影響
鈴木一史、川又朋麿ほか:第35回東北膝関節研究会 2012.7.7(仙台)

腰椎変性すべり症に対する顕微鏡下片側進入両側除圧術の成績ー開窓術との比較
高橋永次、佐藤哲朗、兵藤弘訓、川又朋麿、高橋良正、宮武尚央、徳永雅子、津久井俊行:第22回東北脊椎外科研究会 2012.1.28(仙台)

骨粗鬆症性椎体骨折における屈曲伸展位CTの有用性
徳永雅子、兵藤弘訓、佐藤哲朗、高橋良正、高橋永次、川又朋麿、宮武尚央、津久井俊行:第22回東北脊椎外科研究会 2012.1.28(仙台)

当院を受診した神経内科疾患患者の後ろ向き調査
高橋良正、佐藤哲朗、兵藤弘訓、高橋永次、川又朋麿、宮武尚央、徳永雅子:第22回東北脊椎外科研究会 2012.1.28(仙台)

腰椎変性すべり症(Ⅱ度)に対する開窓術の短期成績
高橋永次、佐藤哲朗、兵藤弘訓、川又朋麿、高橋良正、宮武尚央、徳永雅子、津久井俊行:第19回日本腰痛学会 2011.9.2(札幌)

MRIでみられた膝蓋下脂肪体病変症例の検討
宮武尚央 川又朋麿 高橋良正 高橋永次 徳永雅子 兵藤弘訓 佐藤哲朗 佐々木祐肇:第3回JOSKAS 2011 6.16-6.18 (札幌)

Incidental tear of the dura mater during lumbar spine surgery
高橋 良正、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、高橋永次、川又 朋麿、宮武 尚央、徳永雅子:Asia Pacific Orthopaedic Association (APOA), Spine and pediatric sections 2011 June 1-4, 岐阜(日本)

頸部神経根症に対する直視下後方除圧術と顕微鏡視下後方除圧術の比較検討
高橋 良正、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、高橋永次、川又 朋麿、宮武 尚央、徳永雅子:第40回日本脊椎脊髄病学会 2011.4 (東京)

Without instrumentation 脊椎深部SSIの前向き調査
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗、高橋 良正、高橋 永次、徳永 雅子、佐々木 祐肇、永沼 亨:第40回日本脊椎脊髄病学会2011.4(東京)

腰椎変性すべり症(Ⅱ度)に対する開窓術の短期成績
高橋永次、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、川又 朋麿、高橋 良正、宮武 尚央、徳永雅子:第21回東北脊椎外科研究会 2011.1.29 (仙台)

頸部神経根症に対する直視下後方除圧術と顕微鏡視下後方除圧術の比較検討
高橋 良正、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、高橋永次、川又 朋麿、宮武 尚央、徳永雅子:第21回東北脊椎外科研究会 2011.1.29 (仙台)

脊椎深部SSIの前向き調査
兵藤弘訓、佐藤哲朗、高橋良正、徳永茂行、國井知典、川又朋麿、宮武尚央、永沼亨、津久井俊行:第108回 東北整形災害外科学会 2010.6.18-19 (弘前)

ACL損傷患者が再建術に至るまでの道のり~仙台市東部地区において~
柏葉光宏、大沼正宏、高橋敦、川又朋麿、宮武尚央:第108回 東北整形災害外科学会 2010.6.18-19 (弘前)

膝伸時痛を来した膝蓋下脂肪体内病変の2例
川又 朋麿、宮武 尚央:第2回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会学術集会 2010.7.2-4 (沖縄)

片側進入アプローチにより脊椎固定術を回避できた椎間孔内ヘルニアを伴う背柱管狭窄症の1例

腰椎初回手術における術中硬膜損傷の危険因子
高橋 良正、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、佐々木祐肇、徳永 茂行:第39回日本脊椎脊髄病学会 2010.4.22-24(高知)

オールポリエチレン脛骨コンポーネントを使用した人工膝単顆置換術の短期成績
宮武 尚央、川又 朋麿、那波 康隆、高橋 良正、徳永 茂行、佐藤 哲朗、大沼 正宏、高橋 敦、柏葉 光宏:第40回日本人工関節学会 2010.2.26-7 (沖縄)

片側進入アプローチにより脊椎固定術を回避できた椎間孔内ヘルニアを伴う背柱管狭窄症の1例
高橋 良正、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、徳永 茂行、川又 朋麿、宮武 尚央:第20回東北脊椎外科研究会 2010.1.30 (仙台)

腰椎手術における術中硬膜損傷の検討
高橋 良正ほか:第17回日本腰痛学会 2009.11.21 (品川)

バイオフィルム産生Staphylococcus aureusによるデバイス感染に対するクラリスロマイシン併用除菌療法の検討
藤村 茂、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、佐々木 祐肇、菊地 利明、渡辺 彰:第24回日本整形外科学会基礎学術集会 2009.11.6 (横浜)

リン酸オクタカルシウムは加水分解による改質に伴いその骨伝導能、生体吸収性を変化させる
宮武 尚央ほか 第24回日本整形外科学会基礎学術集会 2009.11.5 (横浜)

Combined efficacy of clarithromycin plus antimicrobial agents for implant-related infection with biofilm-forming Staphylococcus aureus.
Fujimura S, Sato T et al.: Spine across the Sea  2009.7.27-30  (Hawaii)

腰椎手術における術中硬膜損傷
高橋 良正、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、佐々木 祐肇:第19回東北脊椎外科研究会 2009.1.24 (仙台)

胸椎OPLLとOLFの癒合症例の検討
徳永 茂行、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、高橋 良正:第19回東北脊椎外科研究会 2009.1.24 (仙台)

垂直性不安定性がみられた腰椎変性すべり症の1例
佐々木 祐肇、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、高橋 良正、徳永 茂行:第19回東北脊椎外科研究会 2009.1.24 (仙台)

広範囲脊柱靭帯骨化症の治療方針の検討
小澤 浩司、佐藤 哲朗 ほか:第81回日本整形外科学会 2008.5.24 (札幌)

成人では胸髄症に対する椎弓切除術後に局所後彎がどれくらい進行するか
相澤 俊峰、佐藤 哲朗、佐々木 祐肇 ほか:第81回日本整形外科学会 2008.5.24 (札幌)

椎間板性急性腰痛における傷害椎間板の推定
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗、佐々木 祐肇:第81回日本整形外科学会 2008.5.24 (札幌)

頸髄症MRIにおける髄内増強病巣について
小澤 浩司、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、佐々木 祐肇 ほか:第37回日本脊椎脊髄病学会 2008.4.24 (大阪)

造影MRIにおける椎間板後縁の造影所見はsymptomatic discを示しているか? 非特異的急性腰痛の椎間板ブロックによる検討
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗、佐々木 祐肇:第37回日本脊椎脊髄病学会 2008.4.24 (大阪)

椎間板性腰痛の病態と治療
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗、佐々木 祐肇:第19回腰痛シンポジウム 2008.3.1 (東京)

胸部椎間板ヘルニアに対するTransverso-arthropediclectomy
佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、佐々木 祐肇:第13回日本最小侵襲整形外科学会 2007.12.9 (高松市)

Lumbar Discal cyst followed by intervertebral disc herniation
Tetsuro Sato: 第27回ASEAN 整形外科学会、第6回ベトナム整形外科学会.
2007年12月5-8日 ホチミン市

腰痛症に対する心理面へのアプローチ
山崎 瞬、倉田 繁雄、国光 康雄:第25回東北理学療法士学会 2007.12

In vitro study on combination treatment of antimicrobial agents for medical device related infection with biofilm-producing staphylococcus aureus,
Fujimura S, Sato T et al.: 整形外科基礎学会国際合同会議 2007.10.20-24 (Hawai)

膝前十字靭帯損傷の長期放置例の経験、
柏葉 光宏、川又 朋麿、佐藤 哲朗:宮城県スポーツ懇話会、2007.8.4 (仙台)

変形性膝関節症に起因した大腿骨顆部疲労骨折の1例
柏葉 光宏、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、川又 朋麿、佐々木 裕肇、永沼 亨、大沼 正宏、高橋 敦:第31回東北膝関節研究会 2007.7.7 (仙台)

T2 STIR強調MR像による再発腰椎椎間板ヘルニアの診断
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗、佐々木 祐肇:第14回日本腰痛学会 2006.11

Evaluation of transverso-arthropaediculectomy for thoracic disc herniation.
Tetsuro Sato, Y Tanaka, S Kokubun, Y Ishii, H Ozawa: 5th Spine across the sea 2006.7  (Hawaii)

飯野式Metal on metal 人工関節置換術について
津久井 俊行:第1回Metal on metal 人工関節研究会 2006.7

T2 STIR強調MR像による再発腰椎椎間板ヘルニアの診断
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗、佐々木 祐肇、宮武 尚央:第104回東北整形災害外科学会 2006.6

椎間関節と交通性がみられた腰椎黄色靱帯内血腫
宮武 尚央、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、佐々木 祐肇、日下部 隆:第35回日本脊椎脊髄病学会 2006.4.21 (東京)

膝関節の外傷 最近経験した骨軟骨損傷を含めて
杉田 健彦:第17回東北学校保健・学校医大会 2005.7.23

いわゆる半月板症状を呈した大腿骨膝蓋関節面の軟骨欠損症例
杉田 健彦:第31回日本整形外科学会スポーツ医学会 2005.7.1

黒川式脊柱管拡大術後C5神経根麻痺の検討
両角 直樹、佐藤 哲朗 ほか:第34回日本脊椎脊髄病学会 2005.6.10 (仙台)

頸椎椎間板ヘルニアに対する脊柱管拡大術の成績
小圷 知明、佐藤 哲朗 ほか:第34回日本脊椎脊髄病学会 2005.6.10 (仙台)

脊髄砂時計腫118例の検討
小澤 浩司、佐藤 哲朗 ほか:第34回日本脊椎脊髄病学会 2005.6.10 (仙台)

硬膜内髄外腫瘍摘出における片側椎弓切除の適応と脊柱後彎防止の検証
松本 不二夫、佐藤 哲朗ほか:第34回日本脊椎脊髄病学会 2005.6.10 (仙台)

椎間板性ぎっくり腰の吟味
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗、佐々木 祐肇:第34回日本脊椎脊髄病学会 2005.6.10 (仙台)

腰椎椎間板ヘルニアの保存療法における予後不良因子の吟味
佐々木 祐肇、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓:第34回日本脊椎脊髄病学会 2005.6.10 (仙台)

Changes on the surgeries of thoracic myelopathy in Miyagi prefecture: epidemiological and clinical observations on the cases for 15 years
Toshimi Aizawa, Tetsuro Sato et al:第34回日本脊椎脊髄病学会 2005.6.10 (仙台)

Prospective study on the bony fusion after anterior decompression and spinal fusion in cervical spine: the effect of the duration of collar fixation
Yasuhisa Tanaka, Tetsuro Sato et al:第34回日本脊椎脊髄病学会 2005.6.10 (仙台)

椎間板性「ぎっくり腰」の吟味
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗、佐々木 祐肇:第34回日本脊椎脊髄病学会 2005.6.10 (仙台)

胸椎椎間板ヘルニアに対するtransverso-arthropaediclectomyの検討
佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、佐々木 祐肇 ほか:第34回日本脊椎脊髄病学会 2005.6.10 (仙台)

The Role of the two bundles of the PCL should be considerd during TKA
Tatehiko Sugita et al: ISAKOS 2005.4

椎間板性「ぎっくり腰」における棘間の圧痛の意義
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗、佐々木 祐肇:第12回日本腰痛学会 2004.11.14

股関節術後患者に対する水泳教室の経験
佐々木 敏郎、津久井 俊行:第31回日本股関節学会 2004.10

アルミナセラミックカップを用いた股関節形成術 中期成績
津久井 俊行:第31回日本股関節学会 2004.10

Surgery for lumbar spinal canal stenosis in the northeast Japan
Tetsuro Sato, Yasuhisa Tanaka, Shoichi Kokubun, Yushin Ishii: WHO 協力センター国際シンポジウム 2004.8 (仙台)

腰椎開窓術術後に発生した腰椎椎間関節嚢種の2例
佐々木 祐肇、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓:第53回東日本整形災害外科学会 2004.9.24

Discogenic pain in acute nonspecific low-back pain.
Hydo H, Sato T, Sasaki H and Tanaka Y: 14th Triennial congress of APOA 2004.7 (KUR, Malaysia)

Surgery for lumbar spinal canal stenosis in the northeast Japan
Tetsuro sato, Yasuhisa Tanaka, Shoichi Kokubun, Yushin Ishii: 14th Triennial congress of APOA 2004.7  (KUR, Malaysia)

椎間板性「ぎっくり腰」における棘間の圧痛の意義
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗、佐々木 祐肇:第102回東北整形災害外科学会 2004.5.14

Surgery for Lumbar Spinal Canal Stenosis in the Northeast Japan
Tetsuro Sato, S Kokubun, Y Ishii, Y Tanaka:第77回日本整形外科学会 International symposium: current status of lumbar spinal canal stenosis around the world 2004.5 (神戸)

自己血輸血のオリエンテーションービデオ作成の試み
小川 先子、遠藤 妙子、東郷 ひろみ:第17回日本自己血輸血学会 2004.2.27

自己血輸血のクリテイカルパスーコメデイカルスタッフとの連携における有用性
遠藤 妙子、小川 先子、東郷 ひろみ:第17回日本自己血輸血学会 2004.2.27

腰椎椎間関節と交通性を有する腰椎黄色靱帯内血腫の1例
宮武 尚央、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、佐々木 祐肇、津久井 俊行、入江 紀一、大塚 耕司:第14回東北脊椎外科研究会 2004.1.24  (仙台)

遅発性に発症した外傷性頚部脊髄症の診療上の留意点
佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、佐々木 祐肇、津久井 俊行、入江 紀一、大塚 耕司、宮武 尚央:第14回東北脊椎外科研究会 2004.1.24  (仙台)

Lumbar spinal canal stenosis
Tetsuro Sato: 11TH Operative spine course of asia pacific orthopaedic association(APOA)in conjunction with 8TH Spine seminar and training course. 2003.12.14-18 (Ho Chi Minh City, Viet Nam)

R像上、腰椎椎間板ヘルニアが椎間板嚢腫に変化した2例
徳永 雅子、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、佐々木 祐肇:第11回日本腰痛学会 2003.11.8 (東京)

Long-term results of fenestration for lumbar degenerative spondylolisthesi
Tetsuro Sato, F Kasama, Y Ishii, S yamazaki, H Hyodo, Y Tanaka, S Kokubun: 2nd SICOT/SIROT annual international conference 2003.9.10-13 (Cairo, Egypt)

スポーツ選手の痛みへの対処法-スポーツ選手はスポーツ障害の際にどこを受診しているか
佐藤 哲朗:第37回日本ペインクリニック学会 ミニレクチャー 2003.7.26 (仙台)

自己血輸血の手技
遠藤 妙子、東郷 ひろみ ほか:第23回自己血輸血研修会 2003

自己血輸血の経験
東郷ひろみ、遠藤妙子 ほか:第23回自己血輸血研修会 2003

MR像上、腰椎椎間板ヘルニアが椎間板嚢腫に変化した2例
徳永 雅子、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓、佐々木 祐肇:第101回東北整形災害外科学会 2003.4.26

Postoperative swelling of the spinal cord in cervical spondylotic myelopathy:
An evaluation of preoperative MR images
Tetsuro Sato, F Kasama, Y Tanaka, S Kokubun: Europe CSRS 20026.20 (Paris, France)

画像上の特徴からみた腰椎椎間板ヘルニア保存療法の適応と限界
佐々木 祐肇、佐藤 哲朗、兵藤 弘訓:第10回日本腰痛学会 2002.11.23 (富山)

いわゆる「ぎっくり腰」における発痛源の検討
兵藤 弘訓、佐藤 哲朗、佐々木 祐肇:第10回日本腰痛学会 2002.11.23 (富山)


講演など

柏葉光宏:変形性膝関節症の予防と治療
平成29年度「テーマ別介護講座」 (仙台市) 2017.10.19

佐藤哲朗:ロコモーティブシンドローム予防
せんだい豊齢学園 (仙台市) 2017.10.6

佐藤哲朗:ひざ・こし健康!痛み防止のために
平成29年度七郷老壮大学 (仙台市) 2017

佐藤哲朗:~要介護にならないために~ロコモ予防のすすめ
第二回仙台整形外科病院市民講演会 (仙台市) 2017.9.2

中川智刀:手術翌日にも歩ける!腰の内視鏡手術の進歩
第二回仙台整形外科病院市民講演会 (仙台市) 2017.9.2

津久井俊行:痛みのアラカルト
六月度MM会 (仙台市) 2017.6.8 

津久井俊行:気になる膝痛・股関節痛~不健康さを取り除く楽しい方法~
平成28年度仙台市障害者健康指導教室 (仙台市) 2017.1.31

佐藤哲朗:気をつけたい腰の痛み
創立30周年記念仙台整形外科病院市民講演会 (仙台市) 2016.11.16

柏葉光宏:膝の痛みで困ってませんか
創立30周年記念仙台整形外科病院市民講演会 (仙台市) 2016.11.16

佐藤哲朗:脊椎脊髄外科における警鐘的症例の数々
第113回東北整形災害外科学会 (仙台市) 2016.6.18

柏葉光宏:開業医が注意すべき膝の外傷診療のポイント
第2回水曜整形外科懇話会 (仙台市) 2016.3.23

>佐藤哲朗:ロコモ(運動器症候群)の最新情報
仙台介護ネット研修会 2015.10.21 (仙台市)

>佐藤哲朗:ロコモ(運動器症候群)の最新情報
仙台介護ネット研修会 2014.10.8 (仙台市)

佐藤哲朗:骨粗鬆症性椎体骨折=当院における対応について=
第1回東部整形外科カンファレンス 2014.9.24 (仙台市)

佐藤哲朗:運動器疼痛の治療戦略~先生ならどう治療しますか?~
朝日医学・医療セミナー 2014.8.30 (仙台市)

高橋永次:医師の求める脊椎CTの診断画像と手術支援画像
第19回宮城CTリフレッシャーズ研究会 2014.8.23 (仙台市)

佐藤哲朗:骨粗鬆症性椎体骨折の治療へのチャレンジ
第39回整形外科診療研究会 2014.5.28 (仙台市)

髙橋良正:骨粗鬆症性椎体骨折におけるMRI所見と椎体不安定性との関係
第10回東北腰痛フォーラム 2014.4.5 (仙台市)

佐藤哲朗:高齢者とロコモ
仙台介護ネット研修会 2013.10.22(仙台市)

兵藤弘訓:骨粗鬆症椎体骨折に対するBalloon Kyphoplastyの経験
大崎地区整形外科病診連携の会 2013.6.6 (大崎市)

骨粗しょう症性椎体骨折におけるDynamic CTの有用性 
徳永雅子:第9回東北腰痛フォーラム 2013.4.6 (仙台市)

下肢のしびれと麻痺 =胸部脊髄症との30年=  
佐藤哲朗:仙台市医師会学術部勉強会 2013.2.20 (仙台市)

職場における腰痛予防  
佐藤哲朗:仙台市医師会学術部勉強会 2012.10.17 (仙台市)

骨粗鬆症性脊椎骨折で求められるもの。 
佐藤哲朗:第6回夏季プライマリケア腰痛シンポジウム 2012.7.20 (東京都)

骨粗鬆症と腰痛 
佐藤哲朗:第466回仙台市市民講座 2012.3.15 (仙台市)

骨粗鬆症性椎体骨折とどう向き合うか 
佐藤哲朗:名取市急患センター研修会 2012.3.9 (名取市)

ロコモーティブシンドロームと変形性膝関節症 
川又朋麿:骨と関節の日記念講演会 2011.10.2 (仙台市)

産業医に必要な腰痛対策について 
佐藤哲朗:平成23年度宮城県医師会医師研修講習会 2011.7.22 (大崎地区)

高齢者の腰下肢痛 
佐藤哲朗:角田市医師会学術講演会 2011.6.16 (角田市)

骨粗鬆症の予防と対策
佐藤 哲朗:骨ケアフェスタ2010 in 仙台 2011.1.15 (仙台市)

Excision of intradural tumors
Tetsuro Sato:国際最小侵襲脊椎外科研究会 2010.11.6 (アンタルヤ, トルコ)

Less-invasive management of multi cervical myelopathy
Tetsuro Sato:国際最小侵襲脊椎外科研究会 2010.11.6 (アンタルヤ, トルコ)

骨粗鬆性椎体圧迫骨折の現況とBaloon Kyphoplasty
佐藤 哲朗:第50回 碩整会記念講演会 2010.10.28 (石巻市)

Fusion surgery is necessary or not for Lumbar spinal canal stenosis
Tetsuro Sato:57th CEO 2010.6.19 (Malang, Indonesia)

腰部脊柱管狭窄症について
佐藤 哲朗:十和田東病院勉強会 2010.4.8 (十和田市)

運動器疾患を予防して、健康な長生きを
佐藤 哲朗:第87回 いきいき健康講座 2010.3.16 (東松島市)

骨医師の養生訓
佐藤 哲朗:新老人の会 講演会 2009.11.28 (東北福祉大学ステーションホール)

Fenestration for Lumbar spinal canal stenosis.
Tetsuro Sato: 6th SICOT AIC & 31st RCOST in Pattaya 2009.10.30 (Thailand)

Thoracic Myelopathy ~ Pit fall in its Diagnosis and Treatment ~
Tetsuro Sato: 3rd Ramathibodi-Akita-Sendai Conference 2009.10.28 (Bangkok)

高齢者における腰下肢痛、その診療上の留意点
佐藤 哲朗:第183回広南臨床研究会(二火会) 2009.10.20 (宮城社会保険病院)

腰部脊柱管狭窄症 ~ ロコモテイブ・シンドロームの要因として ~
佐藤 哲朗:骨と関節の日 市民講演会 2009.10.4 (仙台市福祉プラザ)

骨粗鬆性椎体圧迫骨折の現況
佐藤 哲朗:第53回 雉門会 2009.7.10

腰痛の最近の知見
佐藤 哲朗:仙台市医師会 宮城野・若林ブロック学術講演会 2009.6.10 (仙台)

Diagnosis and treatment of intramedullary spinal cord tumor.
Tetsuro Sato: 2nd meeting of research society of spinal cord in Korea 2009.2 (Seoul, Korea)

高齢者における腰下肢痛、その診療上の留意点
佐藤 哲朗:一関臨床整形外科医会 2008.7 (一関市)

胸部脊髄症の診断と治療、そのpit fall
佐藤 哲朗:第24回高知脊椎脊髄病セミナー 2008.7 (高知市)

産業医のための腰部脊柱管狭窄症の知識
佐藤 哲朗:仙台市医師会学術部勉強会 2008.6 (仙台市)

胸部脊髄症の診断と治療、そのpit fall
佐藤 哲朗:第23回日本脊髄外科学会 2008.6 (松島町)

脊椎:神経学的所見の取り方の実際 
佐藤 哲朗:第106回東北整形外科災害外科学会 ハンズオンセッション 2008.5 (仙台市)

腰痛について
佐藤 哲朗:第26回由利本荘・にかほ市民医学講座 2007.9 (由利本荘市)

整形外科的疾患予防改善のためのアクアフィットネスの指導手順と注意点
津久井 俊行:平成19年度メヂカルアクアフィットネスインストラクター資格取得講習会 2007.6

Thoracic myelopathy: Pitfalls in its diagnosis and treatment 
Tetsuro Sato: Indonesia Orthopaedic Association 2007.4 (Batam, Indonesia)

Diagnosis and treatment for spinal cord tumor.
Tetsuro Sato: Indonesia Orthopaedic Association 2007.4 (Batam, Indonesia)

腰椎疾患のリハビリテーション
佐藤 哲朗:庄内整形外科医会 2006.8 (鶴岡市)

Thoracic myelopathy = Pitfall in its diagnosis and operative treatment=
Tetsuro Sato: The 10th international operative course on advanced techniques of spine surgery 2006.8 (Gwangju, Korea)

胸部脊髄症の診断と治療におけるpitfall
佐藤 哲朗:第65回東海脊椎外科研究会 2006.6 (名古屋市)

背骨(腰)の病気の考え方 =手遅れにならないために=
佐藤 哲朗:宮城県「柔道整復学」構築学会 2006.5 (仙台市)

腰部脊柱管狭窄症=その病態と治療=
佐藤 哲朗:山口県腰部脊柱管狭窄症研究会 2006.5 (山口市)

胸椎変性疾患の診断と治療
佐藤 哲朗:日本脊椎脊髄病学会、第4回脊椎脊髄病研修コース 2006.4 (東京都)

脊椎疾患のリハビリテーション
佐藤 哲朗:運動期リハビリテーション研修会 2006.2 (仙台市)

頸椎疾患における診断・治療のピットフォール  
佐藤 哲朗:山水会 2006.1 (高岡市)

宮城県における脊椎脊髄損傷 =その現況と問題点=
佐藤 哲朗:東広島地区整形外科オープンカンファランス 2005.11 (東広島市)

脊椎脊髄外科における警鐘的症例の数々
佐藤 哲朗:群馬県整形外科医会 2005.3 (前橋市)

医療機関と地域との連携の役割
青野 政子:麦の会二十周年記念行事 2005

ひじ、ひざ、腰の治療 最近の話題
津久井 俊行:整形外科領域に関する勉強会 2005.3

人工膝関節置換術の課題に対する我々の取り組み
杉田 健彦:福島臨床整形外科学会 2004.10

人工膝関節置換術の課題に対する我々の取り組み
杉田 健彦:第1回秋田県南・由利地区リウマチと関節疾患懇談会 2004.10

関節可動域制限治療を考える ~整形外科疾患に対する臨床経験を通して~
倉田 繁雄:第39回日本理学療法士協会全国研修会 2004.10

最近の整形外科診療の動向
佐藤 哲朗:第29回東鍼連学術大会 2004.7 (仙台市)

MRIを通してみた脊髄病変
佐藤 哲朗:福井県整形外科医会 2004.6 (福井市)

整形外科的疾患のためのアクアフィットネスの指導手順と注意点
津久井 俊行:平成16年度メヂカルアクアフィットネスインストラクター資格取得講習会 2004.5

腰部脊柱管狭窄症
佐藤 哲朗:宮城県臨床整形外科医会 2004.2 (仙台市)

あなたを悩ませる腰痛 ~その原因と対策~
佐藤 哲朗:宮城県放射線技師会 第22回県民公開講演会 2003.10 (仙台市)

パネルデスカッション「スポーツと健康」
佐藤 哲朗:運動器フォーラム2003仙台 2003.10 (仙台市)

膝痛・股関節痛と水泳運動
津久井 俊行:全国水泳指導者研修会 2003.9.27 

腰痛症・まずは診断を =もと麻酔科医として=
佐藤 哲朗:第37回日本ペインクリニック学会 2003.7 (仙台市)

脊椎のスポーツ外傷と障害 ーとくに腰椎のスポーツ障害について
佐藤 哲朗:第77回宮城県スポーツ医学懇話会勉強会 2003.6 (仙台市)

医療と水中運動、股関節のための水中運動
津久井 俊行:水中特別講演会 2003.4.23

胸部脊髄症の診断のポイント
佐藤 哲朗:第3回置賜整形外科懇話会 2003.4 (置賜市)

腰椎疾患への対処
佐藤 哲朗:第46回盛岡臨床整形外科医会例会 2003.3 (盛岡市)

脊椎脊髄外科における警鐘的症例の数々
佐藤 哲朗:第33回広島脊椎・脊髄セミナー 2003.3 (広島市)

最近の腰椎椎間板ヘルニアに対する考え方
佐藤 哲朗:仙台市医師会若林ブロック会 2003.2 (仙台市)

腰椎疾患に対する対処
佐藤 哲朗:仙台東部整形外科医談会 2002.8 (仙台市)

Copyright © 仙台整形外科病院.All Rights Reserved.